日本人にも馴染みがあるスーパーフード・生姜②

3333

生姜の成分にはジンゲロールとショウガオールがあります。
ジンゲロールは生の生姜に含まれる成分で、あの辛味の元となる成分です。

ジンゲロールには発汗作用、殺菌作用、免疫機能の向上の効果があります。
もちろん冷え性にも効果的ですが、ジンゲロールが得意なのは末端の冷え。血管を拡げる働きがあるので、末端部分の細い血管を拡げ、十分に血液が届くようにしてくれます。

風邪の引き始めやウイルスにはおろし生姜やスライスがオススメです。
ジンゲロールに熱を加えたり、乾燥させるとショウガオールに変身します。ジンゲロールも体を温める作用がありますが、ショウガオールの方が適しているとされています。その理由は胃壁を直接刺激するからです。直接刺激することによって血流が高まり、深部で熱を作り出します。

そして、あまり知られていないのが生姜のアンチエイジング効果!
実はショウガオールは活性酸素を除去してくれる働きがあります。
体をあたためて抗酸化作用もある。食べるエイジングケアができるのが魅力です。
風邪の引き始めにはおろし生姜やスライスを、冷え性を改善したい方にはスープなどの料理や紅茶に入れるのがオススメです。


bnr_onlineshop

2016年02月13日 | Posted in super foods | タグ: , Comments Closed 

関連記事

Top